期間工として働くための条件

期間工は定められた期間内の契約で働けるのが特徴ですが、希望をすれば誰しもが働けるわけではありません。それぞれの企業が定める条件をクリアーして初めて働くことができるのです。ここからは、面接に合格するために必要な条件について説明していきます。

健康面のチェック

仕事に必要な把持力の有無

>

期間工になるための絶対条件

期間工ならではの魅力と注意点

社会にはたくさんの仕事がありますが、それぞれに特徴が異なります。期間工も同様に、この仕事ならではのメリットやデメリットが存在するので、事前にしっかりと理解した上で求人に応募することが大切です。今回は、期間工ならではの魅力や注意点について詳しく紹介します。

期間工ならではのメリット

働く上で知っておくべき注意点

仕事をより楽しく続けるためのポイント

髪型を始めとした身だしなみ

長い髪は就業中にはまとめる

期間工はサービス業とは違い、人前に出て営業をしたり、レジ打ちをするといったことはないので比較的、髪型などのファッションは制限されません。たとえば、髪の毛を茶色に染めている程度であれば注意されることはまずないといっていいでしょう。ただ、安全性や工場内の清潔を保つという意味で最低限の身だしなみは求められます。 具体的にいうと、まず髪は茶色であっても長くても問題視されないことが多いですが、長い場合は縛るようにいわれる可能性が高いでしょう。というのは、機械が動作している環境で働く場合は長い髪の毛をそのままにしていると毛が巻き込まれてしまって重大な事故につながる恐れがあるからです。また、食品工場で働く場合は髪の毛が食品の中に入ってしまう可能性があるので、縛ったりまとめる必要があるのです。

アクセサリーをうっかり機械に落としてしまうと大事に

男性のひげについてはよほどぼさぼさで長くない限り、なにもいわれることはないでしょう。もし、ひげを生やしていることで何かいわれたり、あるいはじろじろ見られるのが嫌だという場合は、マスクをして隠すという方法があります。期間工になるための面接時は剃っておいた方が無難でしょう。 ネックレスやイヤリングなどのアクセサリーについては、就業中は外しておいた方がいいです。指輪や腕輪などについても同様です。余計なものを身につけていると、長い髪の毛同様に、機械などに絡んで事故が起きてしまう可能性がありますし、アクセサリーをうっかり機械の中に落としてしまうと故障につながります。その場合機械を止めて探さないといけなくなるので大変です。