働く上で知っておくべき注意点

勤務成績が優秀でも必ずしも契約を更新してもらえるとは限らない

期間工は、働きたい時に資格や経験がなくても雇ってもらいやすいという魅力があります。ただし、契約期間中の成績が優秀な人でも、勤務先の業績や欠員状況によっては、必ずしも契約を更新してもらえるわけではないため注意が必要です。特に、期間工の勤務希望者が多い大企業の工場は、契約満了時に所定の手当が支払われるものの、新しく仕事を探さなければならないリスクが高いという問題点があります。 そのため、期間工としてなるべく一箇所の工場内で長く仕事をしたい人は、各地の工場の中でも契約更新の実績が豊富なところや、専門知識や技術が必要なところを探しましょう。もしも、期間工の働き方について分からない点があれば、採用後の不安を解消するため、評判が良い工場で行われる採用説明会に参加したり、面接時に担当者に質問したりすることが大切です。

ルーティーンワークが中心の工場は専門スキルが身につきにくい

ルーティーンワークが中心の工場で働く期間工は、すぐに仕事を覚えやすいというメリットがあるものの、将来に繋がる専門スキルがなかなか身につかないことがあります。そうした中、製造業界で長く活躍をしたい人は、正社員だけでなく期間工に対しても一通りの業務に関する研修の機会を用意しているところや、技術系の資格取得が可能なところを職場に選びましょう。 一般的に、数か月おきに新しい仕事を担当させてくれる工場は、スキルアップの機会が恵まれていることから、幅広い年代の人から人気が集まっています。そこで、働きながら専門スキルを習得したい人は、それぞれの工場で製造されている製品の種類や、主な期間工の業務内容を詳しく調べることが大事です。